免疫療法で副作用を抑える|がん治療の最新治療を知ろう

病院

腸が詰まる疾患

看護師

腸が詰まる疾患の症状

腸閉塞とは別名イレウスとも呼ばれ、様々な原因によって食べ物や消化物などの内容物が、腸から肛門へ通過できず腸内に溜まってしまう状態のことです。腸閉塞の症状は突然の腹痛、嘔吐、便やおならが出なくなるなどです。ほとんどの場合、腸が詰まった瞬間から突発的に症状が現れます。嘔吐物はまず白っぽく酸っぱい胃液か、黄色くて苦い胆汁どちらかが出ます。症状が悪化していくと、腸内の内容物が逆流し大便の臭いを伴う嘔吐物が見られます。嘔吐の直後は、それまでの腹痛や吐き気が緩和される場合が多いのも特徴です。そして腸間膜が圧迫されたり、ねじれることによって起こる絞扼性腸閉塞の場合、耐えがたい激痛、冷感、脱水症状、ショック状態や意識障害など激しい症状が現れるのが特徴です。

腸が詰まる疾患の治療法

腸閉塞の診断は、腹部X線写真や胸部CT、超音波検査が一般的です。腸だけでなく腸間膜が圧迫されていないか、捻れていないかの確認も重要とされています。腸間膜の圧迫、捻れが確認された場合絞扼性腸閉塞と診断されます。通常の腸閉塞と絞扼性との区別は非常に困難であり、少しでも絞扼性の可能性がある場合には外科手術が選択されます。腸閉塞の治療は、絞扼性腸閉塞でなければ、殆どの場合保存的治療で完治は可能です。少しでも腸閉塞と疑われた場合、入院が必要となり飲食は禁止となり点滴が始まります。便やおならが出れば、症状は改善したことになります。外科手術が必要な場合が、絞扼性腸閉塞と診断を受けた場合、また保存的治療を1週間続けても症状が改善しない、保存的治療の後何度も再発を繰り返すと言った場合です。