免疫療法で副作用を抑える|がん治療の最新治療を知ろう

病院

ガンマナイフで血管を治療

女性

放射線治療の応用

脳動静脈奇形は生まれつき脳の毛細血管に欠損があり、動脈と静脈が異常な繋がり方をしている症状です。遺伝性や伝染性の病気ではありません。動脈の高い血圧が静脈にもかかるため、血管が破裂しやすくなります。クモ膜下出血や脳内出血を起こすと、命にかかわることもあります。脳動静脈奇形は薬では治療できない病気で、通常は開頭手術が必要になります。しかし手術にはリスクが伴いますし、患部の位置によっては手術が困難な場合もあります。そこで最近では、ガンマナイフを利用した治療がよく用いられます。ガンマナイフは放射線を正確に命中させ、異常な血管を消滅させる治療法です。開頭手術をする必要がなく、体への負担が軽くなるため人気があります。

複数の治療を組み合わせる

脳動静脈奇形があっても、自覚症状がないことは珍しくありません。偏頭痛や手足のしびれを感じる場合もありますが、クモ膜下出血を起こして初めて発見されることもあります。人間ドックを受診したとき、CTやMRIで見つかることもあるため、心配なら検診を受けてみることです。軽度の脳動静脈奇形であれば、脳の血管にカテーテルを挿入し、血管内だけで治療を終わらせることもできます。しかし実際には、開頭手術やガンマナイフと組み合わせて治療することが多くなっています。またガンマナイフは、どこの病院でも受けられるわけではありません。より安全で確実な治療を行なうには、経験豊富な医師のいる専門の脳外科病院を選ぶことが大切です。