免疫療法で副作用を抑える|がん治療の最新治療を知ろう

病院

免疫機能でがんと闘う

医者

免疫療法とは、体内に侵入した異物を排除するという体の免疫機能を利用して、様々な病気の治療に活用しようというものです。特にがん治療に期待が寄せられており、外科手術、放射線治療、抗がん剤治療に加えて第四のがん治療とも呼ばれています。初期の免疫療法は、体全体の免疫機能を高めることでがん細胞の排除を促すものでした。この方法では、がん細胞をねらいうつことができないため、補助的治療しかできませんでした。ですが、近年はがん細胞にのみ免疫機能を働かせる方法が開発されました。そのため、より有効性が高くなったと期待が寄せられています。注意したいのは、免疫療法は進行したがんには有効性が高くないという点です。がんは主要な部分を治療しても、転移していることがあります。そうしたごく初期のがん細胞の治療には有効なため、他の治療方法と組み合わせて使うのが有効です。

免疫療法が他のがん治療の方法よりも優れているのは、副作用が少ない点です。外科手術では、体の衰弱という副次的な状態がつきもののため、生活の質は落ちてしまうことが多いです。抗がん剤や放射線治療には、吐き気や脱毛といった非常に厳しい副作用があります。その点、免疫療法では、もともと自分の体の中にあった成分を使用するため、きつい副作用は今のところほとんど報告されていません。そのため、使用する際の心理的抵抗が少ないのが人気の主な理由です。また、免疫療法は劇的な治療効果はそこまで見込めませんが、再発防止には効果があります。そのため、メインの治療には従来の治療方法を選択し、再発防止のため免疫療法を併用するという方法をとる人も多いようです。

腸が詰まる疾患

看護師

腸の内容物が腸内に滞った状態を腸閉塞と言います。主な症状が腹痛、嘔吐、吐き気です。診断は腹痛X線写真、胸部CT、超音波検査などで、腸間膜の圧迫、捻れで起こる絞扼性腸閉塞との区別が重要です。絞扼性の場合は手術が必要となります。通常の腸閉塞は飲食を禁止し、安静を保つ保存的治療で症状は殆ど改善できます。

もっと詳しく

快適な生活を取り戻すには

植物

更年期障害に関する治療は充実してきており、信頼できるドクターの指示のもとで正しく薬を服用すれば、日々悩まされ続けてきた辛い症状から離れることができます。多くの治療において保険が適用されるため、積極的に病院へ通う女性が増加しています。

もっと詳しく

ガンマナイフで血管を治療

女性

脳動静脈奇形は先天的に脳の血管が異常な繋がり方をしている病気で、クモ膜下出血や脳内出血を起こしやすくなります。治療には開頭手術のほか、カテーテルの挿入による血管内治療や、ガンマナイフと呼ばれる放射線治療が用いられます。

もっと詳しく